審美・美容歯科

生活や仕事において、綺麗に整った歯並びや白く美しい歯は自信や成功に結びつきます。

クイック矯正(2回~3回で歯並びが綺麗になる)や治療した所(かぶせ物・つめ物にて金属や跡)が残らないオールセラミック法(歯と一体化する)。

ホワイトニングやセラミック修復法は色が変わった歯・黄ばんだ歯、つめ物でつぎはぎの歯などを綺麗にしてくれるものです。

★オールセラミック法

メタルセラミック(金属のフレームにセラミックを焼き付ける)がここまでの中心でしたが、今では全てセラミックで歯と一体化して、金属を使わないでエナメル質と同じの役目を達成するものも見られます。

症例により一番合うものを選別します。

虫歯のあとをキレイにするやり方の1つであるオールセラミック・クラウン法は、虫歯を治療した後、歯の表面を削り、その部分にセラミックのクラウン(冠)をかぶせて、歯の色、形、歯並びなどの美しさを全体的に修復、良くするやり方です。
(さし歯と違って人工的にエナメル質を作り、歯と一体化して取れなくなり、エナメル質の役目をする。)

金属を全然使用しないため、光の透過という点で自然の歯と全然遜色がありません。

★ホワイトニング

年齢を重ねるごとに歯も徐々に黄色くなってくるのは仕方ありません。
口元の若返りで素敵な笑顔を作りましょう。

ホワイトニングには、歯の表面からと歯の内側から白くするやり方の二通りがございます。
それに、ご要望により医院で行う「オフィス・ホワイトニング」と家庭で行う「ホーム・ホワイトニング」を選別していただけます。

それに、こちらの二つを両方利用し、より美しい歯にすることもできます。

病気や仕事が原因で、疲れがたまり体力が著しく落ちたり、栄養のバランスが不均衡な食事が続く等で、体調が万全ではない状況に変わってしまうと口内炎が出やすくなるそうです。
歯のレーザー照射は、直接虫歯をレーザーによって消滅させ、一段と歯表層の硬度を補強し、虫歯になるのを避けやすくする事が不可能ではありません。
歯を矯正することにより外見に対する劣等感で、悩まされている人も笑顔とプライドを取り返すことがかないますので、肉体的にも精神的にも満足感を手に入れることができます。
口腔内に口内炎の出現する誘発事項は、ビタミンが欠乏しているのがその中の一つなのは確実ですが、それに必要なビタミン剤は気軽に摂りやすいサプリメントや、薬局でも購入できる医薬品の飲薬などとして数多く売られています。
まず口腔内に矯正装置を入れて、歯に安定的に力を常時加え続ける事で正しい位置に人工的にずらし、問題のある噛みあわせや歯並びを修正するのが歯列矯正と呼ばれる処置です。

ムシ歯がきっかけの知覚過敏は、虫歯は思いの外進行してしまっていると推察され、歯の痛みも連続しますが、そうではない場合は、短い間の痛さで沈静化することが予想されます。
口の匂いが気になって、ドラッグストアで売られているマウスウォッシュやガムをよく使っている場合は、歯垢の除去をまず始めに試してみましょう。気になってしまう口の臭いがマシになってくると思います。
びっくりするかもしれませんが日本は歯の病気予防においては後進国と言われており、欧米人と比べて、実際は日本人の歯の使用期間は短くなっていく一方です。元々歯に限らず予防全般に対する危機意識が異なるのだと思います。
まず始めは、歯磨き粉を使わないでしっかりと歯をブラッシングする方法を実践できるようになってから、仕上げの折にちょっとだけ歯みがき剤を付けるようにすると丁寧なブラッシングができるようになるでしょう。
虫歯を防ぐには、歯みがきばかりでは至難になり、大事な点はこの虫歯を引き起こす原因菌を取り去ることと、虫歯の状態の深刻化を回避するという2つの要点と考えられます。

インプラント対策の有難い長所は、入れ歯の問題点をなくしてしまうことや、元々持っていた歯と同じような状態に出来てしまうことや、残った歯を守ることなどが代表例です。
例え大人になっても永久歯がむし歯にかかりますが、構造上乳歯は、永久歯に比べて耐酸性が劣るため、毎日のブラッシングを適当にすると、乳歯に巣食ったむし歯はいともたやすく拡大します。
普通永久歯というのは、32本生えてきますが、人の体質によっては、永久歯が出そろう年令になったとしても、一部の永久歯が、不思議な事に出てくる気配のない事例があり得ます。
インプラントというのは、歯肉の下に歯を支えている顎の骨に、チタンで作られた人工歯根を埋めて、それを基礎として既製品の歯を確実に設置する技術です。
今現在、ムシ歯に悩んでいる人、若しくは予てより虫歯があった人、実に日本人のおよそ9割がこうしたムシ歯を誘発する菌を、疑いなく擁していると言われています。